So-net無料ブログ作成
検索選択

more treesのフォトエキシビション――5月31日まで(Business Media 誠)

 松嶋啓介氏が展開する東京・原宿のフランス料理店「RESTAURANT-I(レストラン・アイ)」で、チャリティフォトエキシビション「TOUCH WOOD For Forever Forest」が5月31日まで開催されている。

【拡大画像や他の画像】

 同展は、坂本龍一氏が代表を務める森づくりプロジェクト「more trees」の主催によるもので、2009年9月渋谷、10月福岡に次ぐ第3弾。展示されるのは、more treesの活動に賛同する写真家たちによる、「森」をテーマにした作品の数々だ。今回の参加アーティストは、日本を代表する広告写真家 上田義彦氏、同じく広告写真で知られる日本を代表する写真家のひとりM.HASUI氏のほか、UAや福山雅治、レミオロメンなどのCDジャケットやグラビアなども多く手掛けるMOTOKO氏など。

 写真家たちの個性豊かな作品が店内を彩るなか、本展に合わせて用意された「more treesコース」を楽しむことができる。

 このコースは、松嶋啓介氏が自ら「more treesの森」のある長野県小諸市、高知県中土佐町、熊本県小国町の3つの地域に足を運び、自然を感じ、地元の食材やワインを食して創作したメニューで構成したもの。1品1品が、それぞれの土地の豊穣さと豊かな四季を感じさせてくれる特別なコースに仕上がっており、現地のつくり手たちから直接届けられる食材の数々から、自然の豊かさを五感を通じて堪能できる内容になっている。

 いずれも、コース料金の売り上げの一部が「more trees」が行う森林保全活動に役立てられる。開催は5月末日まで。

 また26日(水)、一夜限りの至福のコラボレーションが同レストランで実現する。「吉兆嵐山本店」総料理長の徳岡邦夫氏と松嶋啓介氏がこの日のためだけに用意されたスペシャルなメニューを展開予定。【松浦明,エキサイトイズム】

●RESTAURANT-I
お問い合わせ:03-5772-2091

Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【関連記事】
「オルセー美術館展2010 ポスト印象派」が開幕
音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展
携帯電話1号機も展示「MOBILE TIDE 2010」

外で活発に遊んだ子ほど学習熱心に(読売新聞)
伊良部元投手、米で酒気帯び運転逮捕(読売新聞)
<日米会談>両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」(産経新聞)
幼稚園バスと乗用車衝突、園児4人搬送…成田(読売新聞)

小型三輪「ミゼット」、赤いボディーで防火PR(読売新聞)

 高度成長期に活躍したダイハツの小型三輪自動車「ミゼット」が、姫路市兼田の日本工科専門学校の学生の手で防火PR用の消防車モデルに生まれ変わった。

 赤いボディーにサイレンや消防ポンプを積んだ往年の名車は、城下町の狭い路地まで入り込み、火の用心を訴える。愛称は火を見ると足で消す習性があるサイにちなんで「森の消防士・サイくん」。16日午後1時から神戸市役所前で開かれる神戸まつりの「おまつりパレード」でデビューする。

 昨年5月から自動車の板金や整備を学ぶ18〜21歳の学生約30人が「世界遺産のおひざ元で学んだ技術を生かしたい」と企画。狭い路地で活躍できる約45年前のミゼットに目を付け、同市白浜町の古物商の男性が所有する車両を譲り受けた。

 車両の傷みは激しく、作業は難航。しかし、学生らは休み時間も作業場に足を運び、エンジンはピストンやシリンダーなど約80点をすべて分解し、さびとほこりを落として再生させた。壊れた荷台は得意の板金で直し、窓ガラスは新たに切り出した。最後はスプレーで塗装し、約1年かけて完成させたという。

 6日に車検を通過。デビュー後は消防署などの要請でPR活動に出動する。

 車体工学科1年稲田祐太さん(20)は「ボロボロだった車体がきれいになっただけでなく、車検に通った時は、実際に走れるということで本当にうれしかった」と目を輝かせた。

 学生を指導した松田智志・車体工学科長は昨年8月の佐用町の豪雨被害で自宅が床上浸水し、消防団員としては被災地の復旧活動にも汗を流した。松田科長は「自分が被災したことでより防災への思いが強くなった。同じ被災地の神戸で、学生と一緒にミゼットに込めた思いを多くの人に伝えたい」と話していた。

振り込め詐欺急増、撲滅月間を緊急実施 警視庁(産経新聞)
主力品が好調で医薬品関連事業が増収―持田製薬(医療介護CBニュース)
太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)
宮崎の口蹄疫で殺処分の家畜、国が全額補償(読売新聞)
中国の反論「根拠ない」=核増強の認識変えぬ―岡田外相(時事通信)

天皇、皇后両陛下 東京都内の学童クラブを視察(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は6日、東京千代田区の「いずみ学童クラブ」を視察した。放課後帰宅しても保護者が働いている児童などを対象に、遊びと生活の場を提供している。78人が在籍しており、両陛下は、低学年児童のメッセージカードづくりやかしわ餅などのおやつの時間などの様子を見て「どんな遊びをしてますか」などと子どもたちに話しかけていた。

<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
アイスランドの火山灰影響、成田発着2便欠航(読売新聞)
建設会社社長ら逮捕、介護付き住居で詐欺の疑い―神奈川県警(医療介護CBニュース)
<JR埼京線>新宿駅で男性はねられ死亡 約2万人に影響(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。